年賀状印刷の値段の比較

2018年10月20日現在の調べのデーターです。
割引率は早割で変わるところもあります。

ネット予約で配送してくれる所一覧

サイト名 印刷の種類 最安値の値段30枚 送料 最大割引率 公式サイト
Digipri(デジプリ) 1.2色印刷30枚 1,120円 送料無料 基本料金50%オフ+プリント料金25%オフ デジプリの写真入り年賀状
ネットスクウェア 白黒30枚 1337円 送料無料 62%OFF 年賀状印刷ならネットスクウェア
おたより本舗 星1つ30枚 1530円 送料無料 最大50%OFF 年賀状印刷のおたより本舗
ふみいろ年賀状2019 白黒30枚 1531円 送料無料 最大54%OFF 業界最大級の年賀状印刷サービス【ふみいろ年賀状】
平安堂 白黒32枚 1,590円 送料500円~ 複数注文50%OFF 平安堂オンラインショップ
Rakpo 白黒30枚 1640円 送料無料 最大60%OFF ☆業界最安値印刷 送料無料
 業界最安値に挑戦!ハガキ代47円!『Rakpo』

らくらく年賀状 不明 1860円 送料500円 会員様限定5%OFF 【らくらく年賀状】
ラクスル 白黒20枚 2304円 送料無料 最大30%OFF 【年賀状印刷ならラクスル】

Cardbox-カードボックス 星1つ30枚 2,389円 送料無料 最大45%OFF 2019年 亥年 年賀状印刷Cardbox
挨拶状ドットコム 白黒30枚 3,013円 送料無料 最大40%OFF 挨拶状ドットコム 年賀状印刷

郵便局やコンビニなどの年賀状印刷値段比較

サイト名 印刷の種類 最安値の値段30枚 送料 最大割引率 公式サイト
ローソン シンプル印刷(墨1色) 1,540円 店舗受け取り 最大35%OFF http://www.lawson.co.jp/service/others/nengajyou/
セブンイレブン モノクロ印刷 2,100円 店舗受け取り 最大50%OFF https://www.7nenga.com/order/top.aspx
ファミリーマート 誕生・子供(プリンター仕上げ) 2,575円 店舗受け取り 最大30%OFF http://mall3.myprint.co.jp/famima/2/newyearcard/
郵便局 1色年賀状30枚 2,600円 ゆうパック 最大20%OFF https://print.shop.post.japanpost.jp/nenga/
イオン プレミアム年賀状 3,294円 5400円以上で送料無料 最大50%OFF http://hf.aeonsquare.net/nenga/sp/

年賀状値段が安い所ランキング

Digipri(デジプリ)




>>>デジプリの写真入り年賀状


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ネットスクウェア




>>>年賀状印刷ならネットスクウェア


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

おたより本舗




>>>年賀状印刷のおたより本舗


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ふみいろ年賀状2019




>>>業界最大級の年賀状印刷サービス【ふみいろ年賀状】


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

平安堂




>>>平安堂オンラインショップ


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

Rakpo




>>>☆業界最安値印刷 送料無料
 業界最安値に挑戦!ハガキ代47円!『Rakpo』



詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

らくらく年賀状




>>>【らくらく年賀状】


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

ラクスル




>>>【年賀状印刷ならラクスル】



詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

Cardbox-カードボックス




>>>2019年 亥年 年賀状印刷Cardbox


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

挨拶状ドットコム




>>>挨拶状ドットコム 年賀状印刷


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

年賀状の印刷について

年賀状はお正月の恒例行事となっている人は多いのではないでしょうか。
メールやブログなどが普及しても、正月に届く便りを楽しみにしている人は多いのです。

ただ、最近の傾向としては、すべてを記載するのではなく、ある程度、特に裏面を印刷して少しコメントなどを記載する人が多くなっています。
従前は、印刷業者に委託する人が多かったのですが、年賀状ソフトの普及とパソコンの普及により、家庭でも綺麗に印刷出来るようになったのです。

こうしたソフトはコンビニエンスストアで手軽に購入出来るのです。
また、年賀状に関係するものとして干支が大事になりますが、こうした絵柄だけでなく、一度作成した住所録などの情報も更新出来るので、非常に便利です。

住所などの宛名も印刷する人が多くなっていますが、こうした宛名も家のパソコンで綺麗に、しかも早く印刷できるのです。
こうした印刷した年賀状に、ちょっとしたコメントを記載して、送付する人が多くなっています。

ちなみに、業者に委託する場合は早ければ早いほど、料金も割引も大きくなるので、注文が増える12月ではなく、10月末くらいから早出受付をしている所もあるので、安く利用してみるのもいいのではないでしょうか。

年賀状印刷はネットがおすすめ

毎年必ず送っているという人が多い年賀状ですが、家庭を持ったり、子供が生まれたりすると写真入りの年賀状を送るという人も多くなってきます。
写真入りの物を作ろうと思うと、自分でレイアウトを決めて、写真を張り付けてハガキサイズに調整して、宛名を入力するという手順で作らなくてはなりません。

これはかなり根気のいる作業で、一から自分で作るのはとても大変なのです。
しかし最近では年賀状印刷を請け負ってくれるネットプリント会社が多くなっています。
スマートフォンで撮影した写真を使用することもできますので、とても手軽に写真入りの年賀状を作ることができるのです。

写真を決めて、レイアウトを選択するだけでいいので、年賀状印刷が初心者の人でも簡単に作ることができるのです。
しかもネットプリントの会社は早期割引率がとても大きいので、早く頼めば頼むほど安く仕上げることができますのでとてもおすすめなのです。

画質があまり良くないと思っている人もいますが、スマートフォンで撮影した写真でもとても鮮明に印刷してもらうことができますので、写真屋などに頼むよりも手軽ですし、自宅にいながら年賀状を作ることができますのでとてもおすすめなのです。

年賀状の手間から解放される印刷業者は慎重に選ぼう

年賀状の印刷を業者に任せると。面倒な手間を省くことができます。
年の瀬は仕事やプライベートで忙しく、少しでも手間は省きたいモノですから、年賀状は印刷業者に任せると良いでしょう。
業者に任せる範囲は、自由に選ぶことが可能です。

例えば、裏面のデザインだけを選択して印刷してもらうこともできれば、宛名まで印刷してもらうこともできます。
年賀状は手書きの方が良いと考える人は、裏面のデザインだけ任せると良いでしょう。
全ての手間から解放されたい人は、宛名まで任せてください。

注文して送られてきた年賀状を投函するだけで、全ての作業は完了です。
どちらを選んでも、年の瀬の手間を減らすことができます。
ただし、一つだけ注意をしておきたいのは、印刷業者の選び方です。

印刷業者によってデザイン、価格、品質などに違いがありますから、比較をしてから選ぶようにしましょう。
選び方で失敗をしてしまうと、完成した年賀状に不満を持つことになります。

不満をなくして納得できる年賀状を新年に届けるためにも、印刷業者は評判などを確かめながら選んでください。
年賀状を書く手間から解放され、さらにクオリティの高いモノにするためには、重要なポイントです。

年賀状の購入から印刷までを簡単に

毎年、年賀状を受け取るのは楽しみだけれど、自分で作成するのが面倒だと感じている方も多いのではないでしょうか。
そんなときにお勧めなのが、リプレックスと日本郵便が連携して行っている、オンライン総合年賀状サービスの「ウェブポ」です。

お年玉くじ付の年賀はがきを、ウェブで注文することができ、さらに、パソコンで、写真やあて名、あいさつ文を印刷して、年賀状を完成させることができます。
年賀状は、印刷が完了した状態で自宅にまとめて届けてもらうことが可能です。

また、投函までお任せできるサービスも無料で利用することができます。
さらに、「ウェブポ」では、住所を知らない知人についても送付できるのが特色です。

メールやtwitterなどを通しての知人にも、デジタルではなく、紙の年賀状を送ることができますので、普段と少し違ったお付き合いを楽しむことができます。
基本料金は無料で1枚から受け付けてもらうことができますから、住所を知らない友人にのみ送るという選択も可能です。

高度なセキュリティで安全に住所録を管理してもらうことができますので、登録することで、手間を大幅に省くことができます。
年賀状を買いに行くときから、作成して、投函するまで、すべて完了する便利なシステムといえるでしょう。

年賀状の自宅印刷のメリット

年賀状は、スマートフォンや携帯の普及で書く人は少なくなったとはいえ、今でも多くの人によって書かれています。
年賀状は1949年の発売以来右肩上がりに発行枚数を増やし、2003年にはピークを迎え、このころは45億枚弱ほどの発行枚数がありました。

この時期は喪中の方などを除き、書くことが当たり前の時代であったといえます。
それ以降はインターネットの普及などによって電子メールなどで新年の挨拶を済ます人が増え、2014年の年賀状発行枚数は34億枚程度度となっています。

発行枚数はこのように年代時代の変化によって変化してきましたが、書き方も変わってきました。
年賀状のタイプは、あらかじめ印刷されたものと、真っ白なものがあります。

今ままでは、あらかじめ印刷されたものを購入するか、真っ白なものを買って印刷会社に印刷をしてもらうという方法がほとんどでした。
しかし、現在では、プリンタの普及によって手軽にデザインを自分で印刷することができるようになったことから自宅でプリントをする人が増えました。

自分で印刷することはコストが安くなるというメリットがありますし、他の人とデザインがかぶることがないという大きなメリットがあります。
また、宛名書きも楽というメリットがあります。